ページトップへ

ブログ

北九州市戸畑区の基礎工事(続き)

ベタ基礎配筋・型枠完成しました。

ベタ基礎に湿気が上がらない様にシートを被せ、配筋それぞれにコンクリートのかぶり厚さを持たせます。

人通口には強度を持たせる為、斜めの補強筋を入れ、外部に出る配管にはスリーブ管を用いて、建った後でも配管を更新できるようにしています。

コンクリート打設の際は、ポンプ車を使い、コンクリートを流し込みながらバイブレーターで型枠隅々までコンクリートを行きわたらせます。

基礎作りは一発勝負なので、いつも緊張感を持って現場を見ています。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全10ページ中)