2014年12月アーカイブ

星和の古民家リノベ

門司の古民家リノベの現場の進捗です。

内部解体及び外部増築部分の減築工事

中です。あとで造り変えることを考えて、

慎重に解体をすすめています。。。

IMG_2768.JPG

 

住まいの事なら何でもご相談ください。。。

 

電話  093-962-2323

メール info@e-seiwa.net

 

外壁下地塗り壁工事中

 

外壁の下地も、順調に進み家の存在感が増して

きました。外壁モルタル(ラスモル)にするこ

とで、手作り感のある外観に表情が出てきます。。。

 

 

DSC_0098.jpg

 

住まいの事なら何でもご相談ください。。。

 

電話  093-962-2323

メール info@e-seiwa.net

左官さん塗り壁中!

SEIWA CHANNEL「左官さん塗り壁中!」


仕上げ工程です。左官さんが一壁一壁
塗り壁を仕上げています。壁と鏝の擦れ合う
音がここちよいです。

仕上げ工事始まり!!

木工事も工程通り完了し、続きまして仕上げ工

程移りました。トップバッターは、内部の塗装

です。和紙や漆喰の施工前に、植物性のオイル

塗料で枠材・巾木・廻縁などの木部の部分を

塗装します。効果は木材本来の色味を出し、

手垢などで汚れることを防ぎます。

 

私たちの造作材に使用している、小国杉は

塗装すると、やさしい桃色の部分と象牙のよ

うな白い部分が際立って、きれいです。

 

IMG_2762[1].JPG

防寒建具工事

リフォームOBのお客様のお宅に、寒さ対策と

して内障子を納めさせて頂きました。メーカー

の追加内窓もイイですが、家の雰囲気に合わ

せて、オリジナルを造るのもお勧めです。障

子は紙ではなく、和紙模様樹脂を入れさせて

頂きます。既存の住宅の良さを残して、

手仕事でより愛着の湧くご提案をいたします。

 

 

DSC_0079.jpg

 

住まいの事なら何でもご相談ください。。。

 

電話  093-962-2323

メール info@e-seiwa.net

K様邸リフォーム 完成!!

大型リノベーション工事が完了しました!

高性能な断熱材を床、壁、天井に敷き込み、窓はアルミと樹脂の複合サッシに取替え、LDKは床暖房!!

それになにより、床の無垢板と漆喰の塗り壁が心地よい安らぎの空間をつくり出してくれます。

お正月は、暖かいおうちでゆ~っくりできますね!

 003a.jpg

006a.jpg

 

005a.jpg

 

建具作製中

現在進行中の建具の確認と打ち合わせも兼ね

て、建具工場に訪問、一本一本手仕事で造る

オリジナル建具、住まわれるお施主様の使い

方に合わせた開口部、デザインと素材が放つ

本物の質感、決して既製品の建具では、

真似のできない、

愛着が持てる家になる為の大切な大切な

仕事です。。。

33.jpg

祝上棟!

「棟木(むなぎ)が上がるそうです!」
M棟梁に「上がるよ!」と教えてもらって、お施主様を呼びました。
DSC_0108.JPG
屋根の一番上の棟木(むなぎ)と呼ばれる木が、大工さんにより打ち付けられて納まりました。
お施主様と「上がった上がった!」と拍手して喜びました。
家の骨組みが完成です。棟梁が手きざみした木材が組み上がり、晴れて家の形になったのです!
祝!上棟vv
DSC_0118s.JPG
吹抜けに大きな丸太の梁が掛かりました。木肌が美しいです。
DSC_0147.jpg

DSC_0162.JPG
夕方から上棟式を執り行いました。
無事に上棟ができた事への感謝、これからの工事の安全とお施主様のこれからの幸せをお祈りしました。
どうか末長く、お施主様が健やかに心地よく暮らせる家でありますように!

建前!

建前の日を迎えました。
朝、お神酒をいただき、「ご安全に!」の声で建前が始まりました。

「棟梁は朝から緊張感がすごかった。早くから来てじっと建てるイメージをされていたんでしょうね。でも始まったらなごやかにされていて、頭の中で、うまくイメージができたんでしょうね。」
お施主さまからそのようなお話を伺いました。
M棟梁の指示の元、みんなで声を掛け合い、息の合ったすばらしい動きで建て方はすすみます。

DSC_0029s.JPG
桁に柱を3本通しつつ、その桁を2階まで伸びる通し柱に挿します。
DSC_0058.JPG
複雑な接合部分!通し柱に4方向から桁が掛かります。
DSC_0068s.jpg
大工さんたちは雪も降る寒さの中、大きな"かけや"をふるい、木と木を組んでいきます。
コンコンと空に響くかけやの音がとてもすがすがしい!
DSC_0101.jpg


明日の建前に向けて!

いよいよ、明日12月13日にT様邸の建前(たてまえ)を行います。

1ヶ月半もの間、M棟梁が工場にこもって、
1本1本、手で刻んできた木材たち。

これから、いよいよ組み上がって
『家』になるんだなあ。

DSC_0019.JPG
トラックに積み込みます。
建前の順番を考えて...、そして、絶対に崩れないように!
DSC_0022.JPG
第一便の積み込み完了!
本当に山積みです。
141212.JPG
現場に到着!

建前を前に、緊張が高まります。
明日は本当に嬉しい上棟です。




T様邸 建前準備

いよいよT様邸の建前、上棟日が12/13・14と迫ってきました!

棟梁も毎日毎日、大きな木を相手に手刻みを頑張っています!

003.JPG

白肌が美しい~~。最後に刻むのは、こちらの5寸の桧の柱です。

 

004.JPG

丸太の化粧梁や桁の様々な種類の継手(つぎて)がずらり!

この継手で木と木がしっかりとつながり、一軒のおうちが組み上がるのです。

12月13日の建前(たてまえ)ではその様子がとてもよく分かります。

007a.JPG

桧15㎝、18㎝の通し柱(1階から2階まで通っている柱)の切りこみ完了です!

K様邸リフォーム 木完!

大工さんのお仕事が完了しました!

床、壁、天井の断熱材入れ替え、サッシの入れ替え、増築工事...が完了し、これから内装の仕上げ工事に入ります。

1205.JPG

LDKの漆喰塗りの下地を整えています。

このアーカイブについて

このページには、2014年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年11月です。

次のアーカイブは2015年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ