2015年1月アーカイブ

地鎮祭おめでとうございます

本日はHさま邸の地鎮祭。
ここ数日雨が続いていましたが、今日は晴れ間ものぞき、さい先の良いスタートです!

DSC_0078.JPG
建替えとなるH様邸。
宮司さまが工事の安全と末永いH様の幸せを祈願してくださいました。
これまで暮らされたお家に感謝、これから、Hさまが幸せに暮らせるよう、しっかりとよい家を建てていきます!

建具編

星和住研の自慢の仕事一つ

を紹介します。

 

建具工事です。

無垢材をふんだんに使用し

デザイン・素材・使い勝手を考え

決してメーカーの既製品を付けるのではなく

一本一本手作りで作る拘りの仕事です。。。

 

これからこの建具に米ぬかから出来た塗料を

塗ると、檜や杉の木目の美ししさが際立ってきます。

 

 

DSC_01161.jpg

写真:玄関の地窓の障子

DSC_01131.jpg

写真:杉の千本格子の建具

DSC_01081.jpg

写真:素格子と板戸のコンビ・奥側:吉村障子

 

住まいの事なら何でもご相談ください。。。

 

電話  093-962-2323

メール info@e-seiwa.net

家の整体!!

 

現在、不陸調整中の古民家の現場です。

 

家の中に入るとレベルが平行になってる!!

私たちも普段、見ない仕事に感動!!

ギィギィと音を立てながら、まっすぐになって

ゆく、

そして

家もさぞ背筋が伸びて気持ちがいいだろうな

とも、思える光景でした。。。

 

IMG_28541.jpg

写真:調整中の内部

 

IMG_27311.jpg

写真:調整前の内部の写真右の柱が、8㎝ぐらい沈んでいる

 

住まいの事なら何でもご相談ください。。。

 

電話  093-962-2323

メール info@e-seiwa.net

 

少しの提案で変身!!

 

本日、ONE DAY リフォーム完了しました。

工事内容は トイレのクロス張り替え・

照明の取り換え・ウォシュレット交換です。

 

壁紙のアクセントが浮かびあがる効果が出

るように照明の配光位置及び・明るさを工夫

し、ホテルライクな空間にしました、

ちょっとした、ことで雰囲気は変わります。

 

住まいの事なら何でもご相談ください。。。

 

電話  093-962-2323

メール info@e-seiwa.net

 

DSC_00681.jpg

写真:改修前

 

DSC_01011.jpg

写真:改修後

完成まで一歩一歩。。。

つち+だんの家も完成まであと少し、

現在、柱の日焼けや、小傷をやすりがけ

し、汚れ止めの米ぬか塗料を塗って

仕上げる作業をしております。

 

こちらの職人さんは美装業といい

家の最後のクリーニングをして下さる

業者さんです。

星和住研が創立間もないときから、

家づくりを支えてくださっている方です。。

木のことを知り尽くしているプロフェショナル

です。。。

完成まであともう少し、みんなで力を合わせて

仕上げます。

 

DSC_01041.jpg

写真:柱の最終仕上げ工程

竹木舞工程

いよいよ、つち+だん工法、竹木舞工法に

入りました、一本一本泥が食い込むように

藁で竹を碁盤の目に、竹を編んで行きます、

一週間ぐらいで1棟を編み上げます。

DSC_01211.jpg

写真:竹木舞施工中

DSC_01151.jpg

写真:均一に太さを揃えられた木舞に使用する竹

家上げ工事!!

いよいよ次の段階へ!!

 

解体工事も完了し

 

本体工事に入ります、家の不陸を調整

 

する専門業者さんの手を借りて、家を持ち上げ

 

ます持ち上がった家の柱の根本の傷んでいると

 

ころを大工さんが継ぎ変えます。

 

DSC_0107.jpg

写真:根がらみを施工している

 

 

DSC_0111.jpg

写真:いろいろなサイズの油圧ジャッキ

 

土壁外断熱工事進行中!!

つち+だん工法の家順調に進行中です。

棟梁の昼休みに現場に。。。

現在、竹木舞を編む職人さんが安全に

仕事を出来るように、床下張を張っています。

断熱材は65ミリ、根太はヒノキを使用してい

ます。下張板はベニヤではなく、杉の無垢板

を使っています。断熱材と下張板の隙間は、

板の実(サネ/板と板が付きやすく加工)で

す。。。

来週から竹木舞工事に入ります。

 

IMG_28401.jpg

写真:床下張工程

 

住まいの事なら何でもご相談ください。。。

 

電話  093-962-2323

メール info@e-seiwa.net

きれいな外観

 

写真では分かりづらいかもしれませんが、

ゆっくりした勾配の屋根はガルバニューム鋼板

の屋根の特徴です。

 

美しく、ゆっくりした勾配の切妻屋根が

外観に安定感を与えてくれます。

 

今から、足場が外れるのが楽しみです。。。

 

DSC_0093.jpg

 

住まいの事なら何でもご相談ください。。。

 

電話  093-962-2323

メール info@e-seiwa.net

解体工事大詰め

年末からの解体工事もあと数日で完了、

その後、家引き業者さんの出番です。

そこでは、家の水平・垂直のレベル補正

を行います。。。

 

まだまだ、これからですけど。

皆で力を合わせて、この古民家にさらなる命を

吹き込んでいきます。。。

 

DSC_0068.jpg

写真:屋根解体後

DSC_0073.jpg

写真:裏面増築部分減築

 

住まいの事なら何でもご相談ください。。。

 

電話  093-962-2323

メール info@e-seiwa.net

外部格子

 

外部に格子を取り付けました。

格子がついたことで、外観が引き締まり。

また、外部で使用している色もサッシ・

木製部分の塗装・雨どいが絶妙に色が近く、

落ち着きのある外観に仕上がりました。。。

 

これを取り付けた棟梁は、旅館みたいと言っていました。

 

来週は足場の解体後の写真をアップ致します。

 

DSC_0080.jpg

 

IMG_2833.jpg

 

住まいの事なら何でもご相談ください。。。

 

電話  093-962-2323

メール info@e-seiwa.net

このアーカイブについて

このページには、2015年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年12月です。

次のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ