2015年4月アーカイブ

2F枠入れ中

中間市の長期優良住宅のお家です。
DSC_0027.JPG
1階の床板張りが終わり、2階の床板張りと
お部屋の出入り口の枠入れに入ります。
DSC_0021a.JPG
C棟梁が枠の板を加工中。
とっても滑らかな美しい小国杉の枠材です。

2階の窓から、遠賀川沿いに並ぶ"こいのぼり"が見えました。
(一番上の吹き流しと、はためくお父さん鯉のしっぽくらいまでですが...)
大きな鯉のぼりが並ぶんですね...驚きました。

無垢の床板張り中!

国の「地域型住宅ブランド化事業」
(地域木材を活用し、地域に合った
良質な家づくりを支援する事業)
の採択を受けて建築中の中間市のお宅です。

今週末4月25・26日(土・日)にお施主様の
ご厚意により、「構造見学会」を開催させて
いただくことになりました。

3月1日に上棟し、着々と大工工事進行中です!
023.JPG
ただ今、床板を一枚一枚張っているところです。

建築中の現場をご覧になりませんか?

どうぞ家づくりの参考に現場見学会へお越し下さい!

詳しい内容はこちらです

配筋検査完了!

福岡市東区の長期優良住宅です。
ただ今、基礎工事中です。
DSC_0017.JPG
住宅瑕疵保険の為の
基礎配筋検査が行われ、
無事に合格しました!
これから、コンクリートの打設に入ります。
DSC_0005.JPG
小倉南区の工場では、
上棟に向けて着々と
構造材の"手きざみ"が進んでいます。

床板下張り中!

中間市の長期優良住宅のお住まいです。
床の断熱材の敷き込みが完了し、
床の下張り中です。
009b.JPG
合板は使わず、
棟梁が一枚、一枚、杉板を張っています。

下張りの上には、杉の25mmの厚い床板を
張ります。

無垢板をそのまま使い、
健やかな住まいを造ります。

断熱材敷き込み中!

中間市の長期優良住宅のお家です。

床に断熱材を敷き込んでいます。

根太(ねだ)と根太の間に隙間なく!

041.JPG

熱伝導率0.028以下の高性能断熱材で、

外の寒さを伝えません!

 

いえかるて

「いい家を建てて、大事に住み継ぐ」
長期優良住宅の認定を受けるときには
「住宅履歴情報(いえかるて)の蓄積」が義務づけられています。
その家の図面や性能評価書、メンテナンスの
記録等を残すことで、将来にわたり家の価値や
中身がきちんと分かるという仕組みです。
016a.JPG
完成した後に見えなくなる部分等、
建築中の構造部分もこと細かく写真に撮り、
履歴として残します。

構造用面材施工完了!

中間の長期優良住宅の家です。

3月1日に上棟し、

工事は着々と進行中。

外部は構造用面材が張り終わりました。

045.JPG

外壁の下地板張り

門司の古民家リノベーション

外壁の下地の板張りが完了しました!
028.JPG
 
これから内部を造って行きます。
022a.JPG
新しく造ったヒノキの土台に
防腐・防蟻効果のある
炭を塗っています。

このアーカイブについて

このページには、2015年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年3月です。

次のアーカイブは2015年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ