2017年6月アーカイブ

最高の換気部材 写真追加!

現在、苅田のリノベーション工事

で使用している

網パネルについて少し

書きたいと思います。

住宅の外壁を考える時、

空気が止まらないか、

流れはスムーズかとか

外部通気は気を使う場所です!


外部通気の必要な理由は

①壁体内の湿度を調整する

②壁体内材料の劣化を防止する

③壁体内に万が一浸水した
 場合でも水分を構造部伝えないようにする
 (木造躯体を守ってくれる)

※(現在は通気を取ることが一般化

 されている)

これから今回使用しているパネルは

通気が縦・横・斜め空気が縦横無尽に

流れてくれるので、サッシ周りも

空気が流れやすい特徴を持っている

換気部材と耐力面材の両面兼ね備えている

材料です!

次の工程が楽しみです!


壁面の凹凸、ゾーンA・B・C間の通気

も良好です!



DSC_0026_Fotor.jpg

DSC_0003.jpg


ハンドプレカットの家の違い

昨日無事、小倉南区の新築住宅の
上棟を終えました!

そこで、今回は、
私たちがこだわっている
ハンドプレカットの紹介です。

現在ではほとんどの住宅の構造が
工場でオートメーションで加工さ
れているプレカットです、
ハンドプレカットとプレカットの
違いを分かりやすい写真をアップ
しました。。

DSC_0561三方.jpg
写真上:通し柱の3方差し
樫の込栓で固めて行きます。
DSC_0572.JPG
写真上:幅12センチの桁を使い木組が
しっかりしているため、金物を使用する
前でも大工さんが桁の上を歩き回っても
揺れることがない剛性を確保できている。
DSC_05536メータ.jpg
写真上:長い材料を豊富に使用している。
DSC_0562金輪.jpg
写真上:木と木を繋げる時はしっかりと
かぶり長さを確保し2本の材料を繋げる
基本的には45cmのかぶり長さをを決まり
として切り込んでいる。


このアーカイブについて

このページには、2017年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年5月です。

次のアーカイブは2017年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ