苅田町M邸リノベの最近のブログ記事

最高の換気部材 写真追加!

現在、苅田のリノベーション工事

で使用している

網パネルについて少し

書きたいと思います。

住宅の外壁を考える時、

空気が止まらないか、

流れはスムーズかとか

外部通気は気を使う場所です!


外部通気の必要な理由は

①壁体内の湿度を調整する

②壁体内材料の劣化を防止する

③壁体内に万が一浸水した
 場合でも水分を構造部伝えないようにする
 (木造躯体を守ってくれる)

※(現在は通気を取ることが一般化

 されている)

これから今回使用しているパネルは

通気が縦・横・斜め空気が縦横無尽に

流れてくれるので、サッシ周りも

空気が流れやすい特徴を持っている

換気部材と耐力面材の両面兼ね備えている

材料です!

次の工程が楽しみです!


壁面の凹凸、ゾーンA・B・C間の通気

も良好です!



DSC_0026_Fotor.jpg

DSC_0003.jpg


構造用面格子完成!

現在リノベーション工事中の増築部分 の
切り込みと耐力格子が完成したので 
明日から、また現場に戻ります、 
で!耐力格子があまりにも
 重厚だったので!動画をアップします、 
押しても引いても、微動だにしません 
現場に無事収まるのが楽しみです。
 

足元を固めてます

基礎土間の次は土台・大引が乗る
基礎立ち上がりを施工、
現在、桧の土台を施工中です。。。
DSC422.jpg

基礎補強工事

リノベーションの工事中の写真です、

これから、外部周りの基礎の立ち上がりは

配筋をして型枠をして、

コンクリートを流し込みます、

基礎パッキンを建物のレベル調整時に設置

したので、一緒に既存の換気口はコンクリート

で埋めて、これからは、基礎パッキンを通じて

床下の換気を行います。

リノベーションの方法は一つではないです。

2017-04-20 14.11のイメージ.jpg
写真:配筋型枠を施工した
DSC_0016.jpg
写真:基礎パッキンを土台に設置、

フルリノベーション

先月着工いたしましたフルリノベーションの

進捗です、今回の計画は築45年の平屋の

住宅の全面改修です。

断熱・耐震・デザイン日毎新築工事で培った

エッセンスをフルに盛り込んで、

素敵な住宅へ変身してゆきます。。。


IMG_7933.jpg
写真:解体中

DSC_0016.jpg
写真:家のレベル調整中既存基礎と土台の
   間には、基礎パッキンを設置
IMG_8111.jpg
写真:土間コンクリート打設

IMG_8110.jpg
写真:土間コンクリート打設

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち苅田町M邸リノベカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは福岡市東区Y邸です。

次のカテゴリは若松区S邸です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ