2013年10月アーカイブ

伝統工法のこれから

昨日、北九州市構造設計家の有志の方々が行っている勉強会に参加して参りました。
内容が今年は木造ということで、前回より参加しているうちのスタッフが、今回は伝統工法の可能性の講義がありますとのことでしたので興味本位で私も参加いたしました。
 そこでは、"昔ながらの建て方をこれからでも建ていける"為の「法的」な準備の前段階のことをされている先生の、本当に貴重な話でした。
伝統工法で建てる建物は、柔軟で地震の力に対しても少し位は揺れることで、力を逃がす構造になっていて、揺れないようにガチガチに建物を固める現代の工法とは全く考え方の違う建物であり、今もその工法で建てられた建築物は多く残っていることを考えると、日本の風土・環境に合った工法であり、先人の方々の知恵や工夫を目の当たりした有意義な勉強会でした。
また勉強会の後の懇親会でも、殆どの参加されている方々は構造設計の仕事をされている方が主で、私にとっては同じ建築の仕事でありながら、普段あまり接点のない方々の集まった懇親会でしたので、普段とはまた違った楽しい時間を過ごすことができました。

モノ造り



約一年前から、マツダが気になっていて、

それは、一過的な私のたわ言ではなくて、

大概多くの知り合いの方は、私がこの話

しをすると、またその話か、兎にも角にも、

マツダが個人的には、かなり熱い!

スカイアクティブテクノロジーに始まる、

マツダの飽くなき挑戦の数々!2006年に

10年先を見越して、開発した技術が、

ここ2年ぐらい前に開花して、巷を騒が

している、それがスカイアクティブテクノロジーだ!

出来ないと思えば、出来ないことが、思いを強く

持てば、実際に出来る、今では出来ない理由を探して、

チャレンジしない人が多い中、マツダの技術スタッフ

の方々は、どうしたら出来るかを必死に考える、

これが大切であるし、マツダの魅力である!


つづく


オススメのマツダ動画

Experience (Director's Cut) / エクスペリエンス  http://youtu.be/JwUlYqurvDo

Pursuit of Perfection (Director's Cut) / 完璧の追求 http://youtu.be/y3ksnEjbCoA


パッシブデザインセミナー

パッシブデザインの講習会へ鹿児島へ、今回で3回目のパッシブデザインセミナーイン鹿児島!とは?出来るだけ、家の生活にかかる光熱費を、家を建てる前に、
シュミレーションし家を建てる前に提案しまた、合わせて、その土地の自然的特性にあった、住宅デザインを提供する、出来るだけ設備に頼らないでいいような、
家造りを提案出来るよう、このグループで勉強しています!

このアーカイブについて

このページには、2013年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年4月です。

次のアーカイブは2013年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • images