2017年9月アーカイブ

既製品にとらわれない家づくり

構造見学会の会場での写真。。。

写真は3本溝の鴨居です

当たり前に見ているけど

なかなか、大工さんだからと言って

誰でもここまで・・・

綺麗には出来ないのだろうなー

いつもブログでも書いている、

ハンドプレカットを日々やっている

大工ならではの仕事なのです。。。

現場に刃物を研ぐ砥石がある建築現場って

今どれぐらいあるのだろうか?
DSC_0889.jpg

他にはない、木材のお話

星和住研の木材は、良い材料を

適正価格でお届けできるように、

木材を産地直送で仕入れています。

小国杉・球磨桧・各種銘木まで、

適材適所吟味して、家の材料として

使用してます。

表:木材の流れ
スクリーンショット 2017-09-07 10.32.48.png
最大のメリットは

川上から川下までダイレクトなので

購買価格を抑えることができる、

必要な木材を計画的に仕入れることで、

売り手市場的な購買を控えられる、

また金額的なメリット以外には、
fotor40.jpg
写真上:熊本から送られきた、加工前の板材

ハンドプレカット(手刻み加工ができる)、

全て、構造材以外も手加工のため

既製品に捉われない自由な家づくりが

可能になる。

個人的には木造住宅である以上

美しい自由な造作は必要不可欠!!

より愛着を持てる家にするのも

腕利きの大工さんとよい

木材のコラボレーションだと思います、

ですが、、、家を作る時、

ハウスメーカーや工務店は選べても

大工さんは選べないこと、

故に、大工さんの腕の差が出ない、

工業製品の家が多いいのも、

無理がないのかもしれないですが・・・
fotor34.jpg
写真上:第二工場

また一番コストダウンが計りやすいのも

この木材ですが、一度納めると取り替えの

きかないのも木材です。

星和住研では木の家専門に

ふさわし形態で家づくりを

行ってます。。。
fotor37.jpg
写真上:第一工場

外付け木製雨戸

最近夜が、幾分か涼しくなってきました。

これから、威力を発揮するのが、オリジナル

雨戸、防犯を兼ねながら、通風が取れる、

これから、これからの気持ちの良い季節を

存分に感じていただける、アイテムです、

またお昼間は、外付けブラインドーの代わりも

しますので、採光を取りつつ日射を遮蔽する

優れもです。

ないものは考えて作り出す。。

それが、世界に一つしかない

一品住宅と考えております。。。

DSC_09003.jpg

このアーカイブについて

このページには、2017年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年8月です。

次のアーカイブは2017年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • images