2015年1月アーカイブ

飲みーティング!

今日は、ショールームで社員みんなで飲みーティングをしました!
普段なかなか全員集まるという機会が少ないので、おいしいお料理やお酒を飲みながら、有意義な時間を過ごすことができましたvv
途中からアジアカップの観戦になってしまいましたが...。(それもありかな!((*^o^*)♪...)
また次回もこういう時間をもうけて、飲みーティングしながら飲み二ケーションをはかり、チームワークを結束させてよい家づくりにつなげていきます!

DSC_0117.JPG

35歳になります!!


DSC_0094.JPG
写真:現場シートの創立年数を35年に変更中

おかげさまで、星和住研も35歳になりまし
た。一つ年を取って、ますます精力的に頑張
ってまいります!一つ一つのことを大切にし
て、いい年を重ねていきたいです。
これからも、どうぞよろしくお願い致します。

インフルエンザが流行ってますので、
皆様、お身体には、どうぞご自愛ください。


住宅エコポイント復活!

昨年末にニュースなどで報道されていました「住宅エコポイント」改め「省エネ住宅ポイント制度」の公示が9日、国土交通省より発表されました!

 

「省エネ住宅ポイント制度」

概要:エコ新築やエコリフォームに対して、様々な商品等に交換できるポイントを発行します。

対象工事:平成26年12月27日以降に契約し、平成28年3月31までに着工するもの

※予算がなくなり次第終了します。

 

エコ住宅に嬉しいポイント制度です♪

詳しくは、国土交通省のホームページにてご確認ください。

「省エネ住宅に関するポイント制度について」

家は冬をむねとすべし!

「家は冬をむねとすべし!」

日本の家づくりは高温多湿の夏をむねにすべし...というイメージがありますが、

現在は断熱をして暖房エネルギーをあまり使わない省エネ住宅、さらに、

寒い住宅が健康におよぼす影響が大きいことがわかってきています。

今では、冬を旨とし、寒くない家を造らなければならないのです!これは絶対です!

「外が晴れていて暖かくても家の中は寒かったり、居間を一歩出ると、廊下が4℃だったりする家は悲しいのです!」(スタッフM)

 

~(日本経済新聞2015/1/6「日本の住宅、なぜ寒いの?」エコノ探偵団より)

SKMBT_C22415011016410.pdf

日本では「断熱」という考えがなく、冬に寒いのは当然として我慢して住んできた。

家全体を暖める欧米と違って、日本ではコタツで暖を取っている。

暖房費が多くなる欧米では家の省エネ性能基準が高いが、日本は低い。

健康への配慮から住宅の最低室温を規制する国は多い。

ヒートショック・入浴中の事故死は交通事故死の4倍以上。

冬の自宅死亡率は西日本で高く、家の断熱化が進んだ北海道では最も低い。

断熱された暖かい家では、室内の温度差が少なく、身体への負担がありません!
健康で元気に暮らせる暖かい家をしっかりと造りましょう!
 

あけましておめでとうございます!

みなさま、あけましておめでとうございます。
健やかに新年をお迎えのことと思います。
本年も、心を込めて家をつくって参ります!どうぞよろしくお願い致します。

本日、2015年仕事始めの清々しい朝、
棟梁と社員一同、妙見神社に参拝いたしました。
DSC_0071s.JPG
今年も元気に、一生懸命、家を建てることができますように!